障害者手帳のメリット

pills in blister

重度のうつや統合失調症など、該当する精神疾患であれば精神障害者手帳を申請する事が日本では可能です。精神障害者手帳は、あらゆる公共機関の利用料金が減額されるなどといた恩恵を受ける事ができますので、該当する精神疾患の当事者は遠慮せずに手帳を申請すると良いでしょう。心配しなくても、障害者手帳を持っていたとしても、勤め先や就職先に知られるというような事はないので大丈夫です。就職活動などでは目に見えない障害の有無などを明らかにする義務などはありせんので、就職先に合わせて都合よく精神疾患は公表していくと良いでしょう。特に大企業などの障害者雇用枠に応募する際は、逆に障害者手帳を持っている事が優位に働きますので調べておきましょうね。このように都合に合わせて活用できる障害者手帳というのは、基本的にメリットしかないものですので、精神疾患当事者は主治医や市と相談して申請手続きをしていきましょう。特に映画が好きな方ならば、精神障害3級からでも毎月の映画代が1000円となるなど、非常に嬉しい恩恵があります。同伴者も1~2人までなら同じように1000円という割引料金となりますので、映画が好きな精神疾患当事者は必ず障害者手帳を持っておくようにしておきましょうね。等級が高い場合なら、バス代や電車代なども割り引かれたり、労働困難と判断された時は障害者年金を受給する事もできますので、障害者手帳を受給した時にもらえる利用ガイドを細かくチェックしておきましょう。前述した映画料金の割引など、人によってはかなりメリットの大きい恩恵を受けれるのが障害者手帳なのです。